メニュー
眼科の検査
タナカクリニック > 眼科の検査

眼科の検査

視力検査票を片目ずつ見て、どの大きさまで見えるかを調べます。
一点を注視したときに周囲に見える範囲を視野計を用いて測定します。
網膜剥離や眼底出血、緑内障などの目の病気を調べるときに行います。
房水という液体によって保たれている眼球内圧(眼圧)を測定します。
拡大鏡を使い、帯状の光を目に当てて、目の病気を調べます。
蛍光眼底造影検査
糖尿病網膜症や加齢黄斑変性症の診断には欠かせない検査です。
隅角検査
隅角には眼圧を調節する房水の排出口があり、緑内障の診断に重要です。
眼底に弱い赤外線を当て、網膜、視神経の断層を描き出す装置です。
重度のドライアイは視力障害の原因となりますので検査が必要です。
斜視の検査
光を正面からあてて斜視の状態を確認します。

眼科検査 設備紹介

視力検査

視力検査は、ものが見えにくい、二重に見えるなどの症状があるときに、最初に行われる基本的な検査です。 角膜を通して眼に入ってきた光が、レンズの役割を果たす水晶体で屈折し、さらに硝子体を通過して、網膜にきちんと像を結び、その情報が正確に脳に伝えられているかを調べます。

3m離れたところから、ランドルト環(太い円形の一部が切れている輪)を片目ずつ見て、どの大きさまで見えるかを調べます。 肉眼で見た視力(裸眼視力)と視力検査用の眼鏡枠をかけ、レンズを交換しながら測定した視力(矯正視力)の両方を測定します。 検査の時に目を細めると、普通に目を開けているときよりもよく見えて正しい視力を測定できません。 無理に見ようとせずに、自然体で検査を受けましょう。

裸眼視力が1.0~1.2あれば良好です。なお、運転免許を取得するには、両眼で矯正視力(眼鏡やコンタクトレンズを着用)0.7以上が必要となります。

視力検査

静的量的視野検査(ハンフリー視野検査)

視野検査とは、一点を注視したときに周囲に見える範囲を視野計を用いて測定することをいいます。 通常、人は両眼で物を見ているので、片方の眼を隠さないと、自分の眼の視野に異常があるかどうかはわかりません。 視神経の障害や緑内障などの眼疾患では、片方の眼が障害されたり左右の眼の障害の程度が違ったりします。 したがって、左右別々に視野検査をする必要があります。

視野の異常をみることで緑内障をはじめ、多くの眼の疾患がわかります。 緑内障では視神経の障害はゆっくりと起こり、視野も少しずつ狭くなっていくため、初期は自覚症状を感じることは殆どありません。 定期的に視野検査を行うことで、緑内障の進行を知ることができます。 網膜や視神経の病気や脳腫瘍の発見にも有効な場合があります。

視野計の内側に顔を固定して中心のマークを見つめ、周辺に出現する小さな光が見えたら、ブザーを鳴らして、視野の範囲や欠落部を調べます。片目ずつ行います。個人差はありますが、片眼で約5~10分の検査です。検査中のまばたきはかまいませんが、マークから目を離してはいけません。

視野検査では、「難しい」、「疲れる」、「注意力が落ちて光がわからなくなる」などと感じることがあります。 非常に繊細な検査であるため、しばしばこのように感じられます。 見える限界を探すため、光指標はだんだん暗い光になるからです。 検査は途中で中断しても、その時点からの検査再開が可能になっていますので、疲れや肩こりなどを感じたら申し出てください。

光干渉断層計(OCT)を用いた眼底検査や視野検査によって初期の緑内障や、緑内障の進行の度合い、重症度が判定できます。

また、視野検査の結果で脳内疾患が疑われる場合は、至急、脳神経外科で頭部CT検査や頭部MRI検査などの精密検査を行います。

眼の病気は何歳の人にも起こります。 緑内障のように、かなり障害が進んでからでないと自分ではわからない病気も沢山あります。 多くの眼の病気は、早期発見、早期治療により失明を防ぐことができます。 異常が発見されなくても、眼科で定期検査を受けることは非常に大切です。

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。

視野検査

眼底検査

眼底検査とは、瞳孔の奥にある眼底を、眼底カメラや倒像鏡という器具を用い、レンズを通して観察し、眼底の血管、網膜、視神経を調べる検査のことです。 網膜剥離や眼底出血、緑内障などの目の病気を調べるときに行います。

また、眼底の血管は人間の体の中で唯一直接に血管を観察できる部位のため、そこを観察すると動脈硬化、高血圧、糖尿病などの全身の病気が推察でき、生活習慣病の検査としても重要です。

眼底検査では網膜の病気だけでなく、動脈硬化の進み具合がわかります。 高血圧や糖尿病による血管の変化を見るうえで欠かさない検査です。

眼底検査には散瞳薬を点眼して瞳孔を広げて行う倒像検査や細隙灯顕微鏡による眼底検査がありますが、当クリニックでは無散瞳で行えるより精度の高い光干渉断層計(OCT)を用いた眼底検査を導入しています。

光干渉断層計(OCT)を用いた眼底検査

OCTはOptical Coherence Tomographyの略で、光干渉断層計といいます。 いままでの眼底検査は網膜表面の状態を検査していますが、OCTでは網膜の断面を細胞レベルで見ることができ、表面から見てもわからなかった網膜の異常がわかります。 内科や外科で受けるエコー検査のようなものです。

眼底に弱い赤外線を当て、網膜の断層を描き出します。

検査は、顎を器械に乗せていただいて正面を見ているだけです。 眼底写真のようにフラッシュをたいたりしませんので苦痛はないです。 検査結果は診察室のモニターで見ることができます。 眼底写真と一緒に説明しますので病気がわかりやすいかと思います。黄斑部病変や緑内障の早期発見が可能です。

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。

光干渉断層計(OCT)を用いた眼底検査

倒像鏡による眼底検査

瞳孔に光を入れ、反射してきた網膜像を凹面鏡に映してみる方法です。 網膜全体を見ることができます。

細隙灯顕微鏡による眼底検査

検査用の特殊なコンタクトレンズを用い、細隙灯顕微鏡で観察する方法です。 眼底とその周辺まで、鮮明に映し出すことができますが、点眼麻酔が必要となります。

単眼倒像鏡

検査結果の判定

網膜剥離がおこると青白く混濁して見え、さらに進行すると盛り上がり、しわ状に見えます。 糖尿病網膜症では、眼底の毛細血管瘤や新生血管、出血斑を認めます。 さらに詳しく血管の状態を調べるために、蛍光眼底造影検査を行います。 緑内障が疑われる場合は、視神経乳頭が白くなり、陥凹を認めます。

ただし、強度の近視の人にも視神経乳頭の陥凹が見られる場合がありますので、緑内障かどうかの判断は、光干渉断層計(OCT)の緑内障スキャン・解析プログラム、視野検査、眼圧検査、細隙灯顕微鏡検査、隅角検査などを行って、それらの結果を総合的に見て行います。

細隙灯顕微鏡検査

細隙灯と呼ばれる拡大鏡を使い、帯状の光を目に当てて、目の病気を調べる検査のことです。

まぶた、角膜(黒目の表面)、結膜(白目の表面)、虹彩(茶目)、水晶体(レンズ)などの傷や炎症、そして緑内障、白内障など、多くの目の病気が診断できます。

細隙灯顕微鏡検査

また、細隙灯顕微鏡用の眼圧計を使って眼圧の測定や、検査用のコンタクトレンズを使うことにより、詳細な眼底検査も行えます。 顔をあごあてにのせた患者さまの目の拡大像を写し出して調べます。 目を照らす光ビームは薄いスリット光になっているため、眼科医は患者さまの目をよく見ることができます。 検査は痛みもなく、短い時間で簡単にすみます。
細隙灯顕微鏡検査は目の検査の中でも非常に重要なもので、通常、診察のつど行われます。

眼圧検査

眼圧検査とは、房水という液体によって保たれている眼球内圧(眼圧)を測定する検査です。 眼圧は、健康な目でほぼ一定ですが、房水の生産量と流出量のバランスが崩れると変動します。 眼圧の変動は目の異常を知る重要な手がかりです。

特に、緑内障を調べる際には、必ず行われる重要な検査です。 眼圧の高さで、高眼圧症(視神経や視野には障害はないが、眼圧が慢性的に高い)や、緑内障(視野に欠損がみられる)、虹彩毛様体炎などの目の病気にかかっているかどうかを調べることができます。 検査の方法には次の2つがあり、いずれも数分以内ですみます。

ゴールドマン眼圧計

細隙灯顕微鏡に眼圧計がついていて、角膜に色素をつけ、そこに眼圧計を密着させて測定します。 患者さまは腰かけて台にあごをのせ、点眼薬で麻酔をします。

空気圧による眼圧計

空気を吹きつけて、角膜のへこみ具合によって眼圧を測定する方法です。 器具が患者さまの目に直接触れることはないので、麻酔などの必要がなく、30秒もあれば行える簡単な検査です。 定期健診や人間ドックなどでよく行われる検査方法です。 正常眼圧は10~21mmHgの範囲内です。

ただし、緑内障の中には「正常眼圧緑内障」といって、眼圧が正常範囲内でも視神経障害が進んでいくタイプもあります。 日本ではこの正常眼圧緑内障の割合が高いので、眼圧の検査とともに、網膜、血管、視神経乳頭の異常を調べる眼底検査も受けたほうがいいでしょう。

どの検査タイプでも痛みはありませんが、検査の際に過度の緊張、力みがあると一時的に眼圧が上昇して、正確な数値が把握できませんので、リラックスして検査にのぞみましょう。
結果はその場ですぐにわかります。

高値なら緑内障を疑い、光干渉断層計(OCT)の緑内障スキャン・解析プログラム、視野検査、隅角検査などの精密検査が必要です。 逆に、7mmHgより低い場合は網膜剥離などが疑われますので、こちらの場合も精密検査が必要となります。 高い眼圧が続く場合は治療を開始しないと失明の恐れがありますので、精密検査で原因を調べ、治療を開始します。

ドライアイの検査

ドライアイとは、眼の表面が乾燥してゴロゴロし、目やに、目のかすみや疲れ、充血するなど、さまざまな症状が出る状態のことをいい、パソコン作業などに従事する人に多く見られます。画面を見つめているときは、まばたきの回数が減るだけでなく、眼球表面から蒸発する涙の量も多くなり、目が乾燥してしまいます。コンタクトレンズを長時間使用していても同様の状態になります。

涙液層破壊時間(BUT)

目の表面を覆っている涙が、どのぐらいの時間で乾燥し始めるかを調べる検査です。フルオレセインという色素を点眼し、細隙灯顕微鏡で青色光を用いて目の表面を観察すると、涙に混ざった色素が黄色に見えます。まばたきを止めて、真っすぐ正面を見ていると、しだいに目の表面が乾いて色素が消える部分が出現します。この時間をBUT(Tear Break Up Time)と呼び、10秒以上が正常、5秒以下ならドライアイの可能性が高くなります。

生体染色検査

目の表面が非常に乾燥すると、黒目の表面(角膜)や白目の表面(結膜)に障害を起こします。特殊な色素を点眼して細隙灯顕微鏡で観察すると、障害を生じた部分が染まって見えます。色素には、前述のフルオレセインという色素を用います。

まばたきの回数が減るために起こるドライアイの場合は、人工涙液やヒアルロン酸配合の点眼液で涙を補います。市販の目薬を頻繁に使用すると、涙の成分そのものを流してしまったり、分泌量が逆に減ってしまうことがあります。また、含まれている防腐剤によって角膜の表面が余計に傷んで、症状を悪化させる恐れがありますので注意しましょう。

人工涙液を点眼しても自覚症状に改善が見られない場合は、涙が排出される涙点(上涙点・下涙点)にシリコン製のプラグ(涙点プラグ)を挿入して、涙の排出を軽減します。涙には細胞成長因子であるタンパク質やビタミンなどの重要な成分を含んでいます。 これは人工涙液で補うことはできません。涙点プラグを挿入することで、栄養を含んだ自分の涙で眼を潤すという点で優れた治療法といえます。

涙点プラグは安全に挿入でき、涙点の測定から挿入まで短時間でできますので外来での処置が可能です。保険が適用されますので、費用についてはお気軽にご相談ください。

ドライアイと診断された人やコンタクトレンズを装用している人は、意識的にまばたきの回数を増やすようにしましょう。疲れや乾きなどの自覚症状を感じたら、ディスプレイから視線をはずして、しばらく目を休ませたり、遠くをみるようにするとよいでしょう。