メニュー
コンタクトレンズ
タナカクリニック > コンタクトレンズ

コンタクトレンズをご希望の方は、当クリニックではテストレンズを試していただき、その経過をみてからの処方となりますのでご了承ください。初めてコンタクトレンズを希望される方は装用練習などがありますので、受付終了1時間前までにご来院ください。
コンタクトレンズは眼鏡に比べて像の拡大・縮小が少ない、視野が広い、スポーツに適しているなどのメリットが多くあります。しかし異物を直接目にのせますので、眼障害を起こす可能性があります。使用方法の厳守と定期的な眼科検診が必要になります。

コンタクトレンズ処方の流れ

コンタクトレンズ処方の流れ

  • 受付
    問診票の記入
  • 検査
    裸眼視力、矯正視力を確認します。
  • 診察
    眼に異常がないかどうか、コンタクトレンズが使用可能かを診察します。
  • コンタクトレンズの選択
    診察結果とあわせて、希望にあったレンズを選択します。
  • 診察(フィッティングの確認)
    コンタクトレンズが眼に合っているか確認します。
  • コンタクトレンズの処方
    当クリニックではテストレンズを試していただき、その経過をみてからコンタクトレンズの処方となります。
  • 装用の練習
    ご自身でコンタクトレンズのつけはずしができるように練習します。また、使用方法や注意事項を説明します。

カラーコンタクトレンズを希望される方が多くいらっしゃいますが、毎日装用するのは目に負担が多いといえます。ただし、以下の注意点を理解したうえでたまに気分転換に使うのでしたら問題ないと考えます。

  • 長時間使用しないこと。
  • 明るさによって瞳孔径が変化するため、見え方が変化することがあります。特に夜間の運転時には注意が必要です。
  • 激しいスポーツなどでは、レンズがずれて見えにくくなることがあります。